・ICT情報技術の普及テンポは目覚ましく、マウスイヤーと言われるくらい早くなった。
   私達の活動主体であるパソコン講座は、スマートフォン・タブレットなど外出に便利な機器の普及で、従来のパソコン
  を超える普及率になり、パソコン講座を受講する受講生が減少傾向になった。
  パソコン講座を開校した13年前は、受講申込者がキャンセル待ちの賑わいであったが、現在は往時の6割程度の
  受講者に減少し、或る教室では5人に満たない寂しい講座になっていた。
  委託を受けていた「プロボノ」教室の講座も受講者が激減し、来年度から教室閉鎖となった。
  市民便りに講座開催案内を掲載し、チラシを公民館等に置かしてもらう等の啓蒙をしてきたが、あまり効果が上がら
  なかった。
 
 ・とは言え、当会が主体的に運営している「ドリル講座やスキルアップ講座」は常に定員を満たしており、受講希望者は
  後を絶たない。
  しかし、講座内容が必ずしも受講者のニーズに応えてきたとは言い難く、来年に備えてテキストを改変し、新しい内容
  で受講生の期待に応える様に鋭意作業中である。
  来期からは新たなテキストと新たなイメージで受講生を喜ばせることを期待している。
  
 ・当会としては、受講生の増加に務めるとともに、講師の若返りやテキストの更新に努め、「事業価値の最大化」を目指
  し、社会に信頼され貢献するNPO法人であり続けるような事業活動を推進していきたい。
  また、受講生が少なくなっていく現状で、特に少ない男子受講生のニーズを研究し、男子受講生を増やす努力をして
  いくとともに、講座を担当する講師の力量を高めることで受講者増加につないでいきたい。
 
  

 事 業 内 容  実施日時  実 施 場 所 従業者の人数 受講者の人数
  POAYパソコン教室の
 名称で実施
 平成
30/1〜12月
  
 ・奈良はぐくみセンター
 ・奈良県図書情報館
 ・学園南地区集会所
 ・奈良市「ぷろぼの福祉ビル」
 ・田原本町生涯学習センター 
 延べ1,119名 ・開催講座
249回
・受講者数
3,119名
 「ぷろぼの」への
 講師派遣
 
・新大宮事業所

 延べ84名  


 
 講座名   はぐくみセンター   
学園南 
 
ぷろ
ぼの
小 計 
PCを
楽しく
 
 Word
作品作り 
 PC
入門
 Word
基礎 
 Word
応用
 
Office
ドリル
 
IT基礎
初級
 
IT基礎
中級
 
Office
ドリル
 PCを
楽しく
講座数  6 11 10 10  8 22 11 11 22 8 119回
67回    44回   8回
受講者数  70 67 50 76
56 345 88
134 314
39名 1,239名
664名   536名 
 講座名  POAY 佐保川まちづくり塾  田原本教室   小 計  合 計  
Office
ドリル
デジカ
メ活用
Excel
基礎
PC
入門 
 
Word
基礎 
Word
応用
PC
ライフ
Word
基礎
Office
キルアップ

PC
入門
Word
基礎
 
講座数   
22回 
5 11 10 10 10 26 8 12 8 130回 249回 
72回     36回 
受講者数   
470名
  
63 108 159  191 148 231  135 185 82 108   1,880
3,119名
900名   510  

 ページの先頭に戻る





 平成19年9月7日県立橿原公苑第一体育館に於いて 、県主催の『長寿と健康の
 祭典』が開催されました。その式典において、
私どもの奈良シニアIT振興会は、
その活動に対し、健やか奈良支援財団理事長(知事)の表彰を受けることと
なり、
当日は当会理事長 伏見敦が、会員の皆さんを代表して受賞致しました。

健やか奈良支援財団理事長(知事)表彰状 表彰状受賞写真
 知事表彰受賞にあたって     奈良シニアIT振興会理事長  伏見 敦
 
奈良シニアIT振興会の会員の殆どはシニアで構成され、嘗は社会の第一線で立派に活躍された人たちです。
そのすべての方が高齢者向けのIT振興の為に、「POAYパソコン教室」に参画された方々です。その教室もまもなく6年目に入ろうとしております。
 このたび、表彰という形でその間の活動が高く評価され、公に認められたことは、大変嬉しいことです。会員の皆さんと共に慶びたいと思います。
幸い、活動に対して「健やか奈良支援財団」や、「奈良産業大学」の積極的なご支援やご協力をいただきながら、今も事業の拡大途上にあります。
今回知事表彰を受けた機会に、改めて皆様と共に、初心のボランティア精神を再確認したく思います。
 今や日進月歩の情報化社会で、日々増え続けるシニアの方々と共に、ITを通して社会のお役に立てることが出来たら、こんなに嬉しいことはありません。

                 

 ページの先頭に戻る



 
 2018/12/31現在
  科      目     金 額(円
   資産の部  流動資産   預金・現金  821,344
  流動資産合計  821,344
  固定資産 パソコン,マイク,プロジェクタ  0
  固定資産合計  0
 資 産 合 計   821,344
    負債の部  流動負債     
  流動負債合計  0
  固定負債     
   固定負債合計  0
 負 債 合 計   0
  正味財産合計   前期繰越し正味財産 977,574
 当期正味財産減少額    - 156,236
 正 味 財 産 合 計   821,344
   負債 及び 正味財産 合計  821,344
 
 ページの先頭に戻る