・2020年は、前年末から中国武漢で発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全世界に拡
 散し、今なお拡大を続けています。政府の緊急事態宣言を受けて、図書情報館の休館が3月から6月まで
 セミナールーム使用禁止となりました。また、はぐくみCと学園南会場も同様に4-5月休館で、6月から
 の開講となりました。

 ・「佐保川塾まちづくり塾」パソコン教室は、講座内容を変更し8月より実施しましたが、4講座を中止
  し全6講座の開催となりました。また、感染対策で3つの「密」(密閉空間、密集場所、密接場面)の
  重なりを避け、 定員を約半分の15名となりました。はぐくみCと学園前も同様に定員を半減させたため、
  学園前Office講座 はA,B班に分割しての開催となりました。

 ・この様な状況で、各教室での講座内容の入替や廃止して、入門から順次ステップアップできる講座に
  変更 して対応しました。図書情報館の金曜講座で新規の「パソコン活用」と「簡単スライドショー作成」
  を開催できました。また講座削減によりエクセル講座の基礎・中級を図書情報館で、ワード講座の基礎
  ・中級・応用をはぐくみCと区分しての実施となりました。

 ・会員の高齢化に伴い、体調不良や家庭の事情で退会者や活動休止者が急増し、会員20名の内常時
  活動15名となっており、会員の負担が増えています。
  講座数と受講者の減少による収入の大幅減少に伴い、経費節減のために10月からPC搬送料、会議
  手当 等を削減 したり、図書情報館のサポート人員を減少して対応しています。
   
 ・まだまだ新型コロナウイルス感染症が収まらない状況で、今後も緊急事態宣言などによる開催中止も
  考慮するなかで、パソコン受講者が増え講座内容も例年から変化するために、若手の優秀な会員を積極
  的に勧誘し、受講生が求める講座内容を全会員で検討し来年度に備えることと、若手講師担当者を養成
  して抜擢するような取り組みを実施したい。   
 
 


 事 業 内 容  実施日時  実 施 場 所 従業者の人数 受講者の人数
  POAYパソコン教室の
 名称で実施

 令和
1/1〜12月
  
 
 ・奈良はぐくみセンター
 ・奈良県図書情報館
 ・学園南地区集会所
  
 延べ511名 ・開催講座
161回
・受講者数
1,517名


 
 講座名   はぐくみセンター   
学園南 
 
小 計 
Office
2016
 Excel
基礎
Excel
中級
 
PC
入門 
 Word
中級
PCで
作品作り
 
IT基礎
初級
 
IT基礎
中級
 
Office
2016
講座数  19 3 8 10  10 5 13 5 31 104回
  PCで55回
49回 
受講者数 239 18 19 47
68 28 93
28 230
770名
419名 351名 
 講座名  POAY 佐保川まちづくり塾  小 計  合 計  
Office
2016
Excel
基礎
Word
応用
  PC
入門
Word
中級
PC
活用 
Excel
基礎
講座数   
15回 
6 7 8 8 8 5 57回 161回 
42回    
受講者数  
211名
  
100 63 77 112 114 70 747 1,517名
536名  

 ページの先頭に戻る






 
   平成19年9月7日県立橿原公苑第一体育館に於いて、県主催の『長寿と健康の
  祭典』が開催されました。その式典において、
私どもの「奈良シニアIT振興会」
  は、その活動に対し、健やか奈良支援財団理事長(知事)の表彰を受けること
  になり、
当日は東海理事長伏見敦が、会員の皆さんを代表して受賞致しました。

表彰状受賞写真
 ページの先頭に戻る



 
 2020/12/31現在
  科      目     金 額(円
   資産の部  流動資産   預金・現金 215,529
  流動資産合計 215,529
  固定資産   固定資産合計  0
 資 産 合 計  215,529
    負債の部  流動負債    流動負債合計  0
  固定負債     固定負債合計  0
 負 債 合 計   0
  正味財産の部   前期繰越し正味財産 566,848
 当期正味財産増減額     -351,319
 正 味 財 産 合 計  215,529
   負債 及び 正味財産 合計 215,529  
 
 ページの先頭に戻る